スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走行中の車を座いすが直撃、投げ落としか(読売新聞)

 21日午前3時10分頃、大阪府貝塚市馬場の阪和自動車道で、兵庫県川西市の公務員男性(45)が乗用車で走行中、車に衝撃を感じて停車したところ、左側のドアミラーが破損し、近くに座いす(重さ約3キロ)が落ちていた。

 男性と同乗者の計3人にけがはなかった。現場には車道をまたぐ高架橋があり、貝塚署は、地上9メートルの橋上から、何者かが座いすを投げ落としたとみて器物損壊容疑で捜査している。

 発表によると、座いすはリクライニング式(幅約40センチ、高さ約90センチ)の使い古されたもので、現場の道路わきに捨てられていた多数の家具の1つとみられる。

 約30分前には、現場を通過した車両から「橋から火のついた花火が落ちてきた」などの110番が3件あり、同署は関連を調べる。

飲酒運転死亡事故、検察側がアニメで状況説明(読売新聞)
「こち亀」両さん像壊される 器物損壊容疑で捜査 警視庁(産経新聞)
<子ども手当>韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組(毎日新聞)
裁判員制度は「合憲」=被告側控訴を棄却-東京高裁(時事通信)
コモモです、ママ暖かい ニシローランドゴリラの赤ちゃん(産経新聞)

菅家さんの選挙権回復(産経新聞)

 足利事件で再審無罪判決が確定した菅家利和さん(63)は14日、失っていた選挙権を回復した。栃木県足利市選挙管理委員会が同日、選挙人名簿に菅家さんの名前を登録。平成12年7月に最高裁で無期懲役刑が確定して以来、10年ぶりの回復となった。菅家さんは「昔は必ず選挙に行っていた。足利市民として選挙に行くことで社会に参加したい」とコメントした。

医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)
<本屋大賞>冲方丁さん「天地明察」に(毎日新聞)
<無賃乗車>JR東海社員が近鉄線で…IC乗車券の記録消す(毎日新聞)
労働者健康福祉機構の伊藤理事長は「今年中に交代に」-長妻厚労相(医療介護CBニュース)
酒気帯び容疑の神奈川県議、議会懇親会後に運転(読売新聞)

【無名録】「高売り宣言」でNo.1(産経新聞)

 他店よりも1円でも安く-。新宿戦争、池袋戦争といわれる家電量販店のキャッチフレーズだ。

 十数年前、東京・町田にも量販店の出店ラッシュが始まった。安売りに対抗できる大手でも、家族だけで経営する「パパママショップ」でもない社員40人の「でんかのヤマグチ」の生き残り策は堂々の「高売り宣言」だった。

 社長の山口勉さん(67)は「安くできなくてすみませんという気持ちを徹底的なサービスで埋めるしかなかった」。20万円前後の冷蔵庫やテレビでは3~4万円の価格差が出るが、それでも売れる。これまでのハイビジョンテレビの販売累計が全国のパナソニック店でトップである。

 「牛乳と砂糖を買ってきて」「植木に水をやって」「重いのでタンス動かして」「わからないからドラマを録画して」。外回りの営業マン17人が御用聞きサービスで「街の便利屋」に徹している。山口さんは「効率は悪いですが、昔の商売のやり方ですね」。ダイレクトメールを出す顧客3万4千人も1万2千人まで絞り、かゆいところに手が届くようにした。

 10代から車に道具を積み「修理はありませんか」と声をかけながら街を回り、23歳で念願の店を構えることができた。50年近くも地域住民とともに育ってきた。顧客の平均年齢は64歳。高齢者社会の時流にも乗った。「配線以外にもこんなことをしてくれるよ」という口コミで毎月100人以上も顧客が増えている。

 他店のチラシを見たことがなく、行ったこともないという。「見たら迷うでしょう。迷ったらだめです。自分が信じる道を突き進む方がいい」。山口さんに今後の目標を尋ねた。「お客さまから留守の間にうちに泊まってといわれることです。そこまで信頼されるようになったら、こんなうれしいことはない」。電器店とは思えない言葉が返ってきた。(将口泰浩)

パトカー衝突事故で女性が骨折 群馬県藤岡市(産経新聞)
奈良公園のシカ殺害、30代男きょうにも強制捜査(産経新聞)
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」-普天間移設・鹿児島徳之島(時事通信)
薄毛治療に初のガイドライン=推奨度5段階で評価-皮膚科学会(時事通信)
火山噴火 成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)

昨年の医療事故報告、過去最多―医療機能評価機構(医療介護CBニュース)

 日本医療機能評価機構はこのほど、昨年10-12月に報告された医療事故情報などをまとめた報告書を公表した。それによると、国立病院機構や国立高度専門医療センターなど報告義務のある273医療機関から報告された医療事故は昨年1年間で1895件となり、前年より455件多く、2004年の医療事故情報収集等事業の開始以降で最も多かった。同機構では「医療事故を報告することが、事業開始後5年を経て次第に定着してきていることの表れ」としている。

 1895件を事故の程度別に見ると、「死亡」156件、「障害残存の可能性がある(高い)」185件、「障害残存の可能性がある(低い)」562件、「障害残存の可能性なし」608件、「障害なし」305件などだった。発生場所は、病室838件、手術室271件、廊下75件、トイレ62件、集中治療室48件など。

 発生要因(複数回答)は、「確認を怠った」が531件で最も多く、以下は「観察を怠った」520件、「判断を誤った」500件、「説明不足」205件、「連携ができていなかった」192件、「技術・手技が未熟だった」165件、「知識が不足していた」156件などと続いた。

 診療科別では、整形外科の298件が最も多く、次いで外科163件、消化器科161件、精神科149件、内科145件などの順だった。


【関連記事】
警察への届け出事例も調査可能に-モデル事業WGが提言
医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」
厚労省案は「そのまま成案にはならず」-医療事故調で足立政務官
医療事故報告、過去最多のペース
薬局のヒヤリ・ハット事例で初の集計報告

勤務していたピザ店に刃物強盗、売上金奪う 容疑の男逮捕(産経新聞)
授業中に居眠り、日本の高校生45%!(読売新聞)
海洋観測装置に不具合=一部データ取得できず-気象庁(時事通信)
出勤途中、男性殴られ軽傷=面識なし、男が逃走-滋賀(時事通信)
[EVENT] 『北斗無双』の体験会続報、鯉沼プロデューサーの来店日が決定

<放鳥トキ>卵は2個 別のペアも産卵か…新潟・佐渡(毎日新聞)

 新潟県佐渡市でトキの巣に確認された卵は2個と分かった。環境省が7日発表した。有精卵であれば4月下旬にもふ化するという。

 環境省によると、ペアは08年に放鳥された3歳の雄と09年放鳥の1歳の雌。6日午後5時半ごろ、巣に残っていた雄がくちばしで卵を転がしている様子を、望遠鏡で確認した。

 同省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平自然保護官は「トキは1日おきに3~4個の卵を産むことが多いので、卵が4個ある可能性も高い。ひながかえるまで静かに見守ってほしい」と話している。

 また、佐渡市内の別の場所で巣を作っているペアも6日から7日にかけて交代で巣に残っており、同省は産卵した可能性が高いと発表した。このペアはいずれも09年放鳥の3歳の雄と1歳の雌。産卵もしくは可能性が高いと判断されたのは2組目。市内ではもう1組も巣を作っている。

 環境省は中国から贈られたトキを人工繁殖で増やし、08~09年に30羽を佐渡市で放鳥している。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
小沢環境相:14日に佐渡トキ保護センター訪問
放鳥トキ:佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり
トキ:襲撃事故で検証委発足 「天敵対策甘すぎ」初会合で
トキ:産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省

美人すぎる市議や進次郎も参加 政治家60人のブログサイト開設(産経新聞)
線路脇に転落、男性作業員死亡=電車の架線で感電か-東京・港(時事通信)
“票田”要望丸のみ 国民新が郵便局長会へ文書 定年延長など成果報告(産経新聞)
橋下知事、新採職員に「国家国民を意識して」(読売新聞)
東大寺 東塔復興に向け近く発掘調査(毎日新聞)
プロフィール

ミスターまさきちおりた

Author:ミスターまさきちおりた
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。